E-コマースを利用しよう

この画面は、簡易表示です


インターネットが普及したことにより発展した新しい商売のE-コマース

今回のテーマはE-コマースです。
このE-コマースとはインターネットや特定顧客専用のコンピューターネットワークを使っての情報通信によって商品を売買をする通信販売の一種のことを言います。
E-コマースはもともと特定の企業間取引における電子情報交換や銀行間の電子資金を移動するためだけに使われていたのです。そして現在ではインターネットが使える幅が大きくなったことでより多くの利用者が企業と提携して企業対消費者取引やインターネットで自らが保有する物品を競売にかけて利益を出す消費者取引もこのE-コマースをつかって行われるようになったのです。
そしてこのE-コマースの普及により売る側にも買う側にも大きなメリットが発生するようになったのです。まず売る側には主に3つでまず実際にお店を開くよりもコストを抑えることができ開業資金が少なくとも容易に開業できます。そしてインターネットは地理地形に関係なくどこでも使えるものなので自国だけでなく他の国とも簡単に貿易ができその国の言葉をある程度理解していれば上手く利益を上げることにつなげることができるのです。そして3つ目が企業間同士の過剰な投資額を下げることができ最初から構築する必要がなく、そして新しい技術を持つ企業との連携により利用範囲を拡大できる相乗効果もあるのです。
そして買い手側にもメリットとして3つあげられます。まず1つ目は先に言ったお店を開くことで生じるコストを大幅に抑えることができ実際のお店で買うよりも安く手に入れることができます。そして2つ目はその商品を買ってもらうために各企業はその商品に対する細かい情報をインターネット上に乗せているので、その情報をもとにいち早く購入する手助けになることです。そして3つ目は購入を決めた時に時間や場所を問わずすぐに決算をすることができます。
以上がこのE-コマース乃メリットですが、このE-コマースは出来てまだ間もなくまだまだ改良する点はいくつかあります。
しかしこれからの商売をするうえで自国だけでなく他国との商売をするのは欠かせないものですので、そのうえでこのE-コマースはこれらの事を行うのに利用価値を大きいツールなのです。


  • カテゴリー: